ここから本文です

第二のゆりかご設置決定

7/14(金) 20:56配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

第二のゆりかご設置決定です。親が育てられない赤ちゃんを預かる民間施設として慈恵病院に次ぐ2つ目の施設が神戸市内の助産院に来年3月に開設されることが正式に決まりました。
「熊本で出来て10年、誰も何もしない」(NPO法人こうのとりのゆりかごin関西 人見滋樹代表)
「あなたの命、赤ちゃんの命を守るところが関西にも神戸にもできるよということを大きな声で発信したい」(マナ助産院 永原郁子院長)
14日夕方、神戸市内で会見したNPO法人は神戸市北区にあるマナ助産院に「面談型」のこうのとりのゆりかごを来年3月に開設すると発表しました。「面談型」とは慈恵病院のように赤ちゃんを人知れず預けることもできるかたちではなく、助産院のスタッフと赤ちゃんの養育について相談し場合によっては養子縁組なども選択肢として赤ちゃんを預かる仕組みです。
「うちのシステムとは違います。だけど、助産院でもそういう試みをやるということは非常に勇気があることで、私は素晴らしいと思います。それに触発されて、その次ができていくということが望ましいと思う」(慈恵病院 蓮田太二理事長)

RKK熊本放送

最終更新:7/14(金) 21:25
RKK熊本放送