ここから本文です

ギークス、フリーランス向け福利厚生プログラムで税務相談サービスを開始

7/14(金) 11:00配信

アスキー

7月14日、フリーランス向けの福利厚生プログラム「フリノベ」を展開するギークスは、ジャパンオフィスコンサルティングと提携。税務の専門家に何度でも無料でメール相談できる「ぜーむとーく(税務×talk)」を開始した。
 7月14日、フリーランス向けの福利厚生プログラム「フリノベ」を展開するギークスは、ジャパンオフィスコンサルティングと提携。フリノベの利用者向けに税務の専門家に何度でも無料でメール相談できる「ぜーむとーく(税務×talk)」を開始した。専門知識を要する税務相談の負荷を軽減し、フリーランスが本業に集中できる環境構築を実現するという。
 

 2017年1月から開始されたフリノベは、ITエンジニアの声を受けて生まれたフリーランス向けの福利厚生プログラムで、半年間の利用者数は1700名にのぼる。「仕事・キャリア」「ネットワーキング」「ヘルスケア」「娯楽」「ライフイベント」の5つのカテゴリーから構成され、登録者はフリーランス同士の交流会への参加やフリノベ限定の優待利用で提携サービスが利用可能になっている。
 
 ジャパンオフィスコンサルティング(JOC)は中小企業と税理士のマッチングをはじめとした中小企業支援サービスを展開。税理士紹介サービス「顧問料無料.com」は、顧問税理士探しや税理士との面談・顧問契約などを無料サポートするもので、サービス開始から10年で8000社の紹介実績を持つ。今回、フリノベの利用者が顧問契約を結んだ場合は、毎月の顧問料から7000円、最大12ヶ月で8万4000円の割引を受けることができるという。
 
 
文● TECH.ASCII.jp

最終更新:7/14(金) 11:00
アスキー