ここから本文です

神戸の音楽フェス、重傷者いた 5月の「カミングコウベ」 軽傷2人も

7/14(金) 15:57配信

神戸新聞NEXT

 兵庫県警は14日、神戸市中央区のワールド記念ホールなどで今年5月7日に開催された音楽フェスティバル「カミングコウベ」で出入り口が混雑した際、転倒した大阪府藤井寺市の女性(21)が重傷を負うなど、少なくとも観客3人が負傷していた、と発表した。

【動画】神戸の音楽フェス一時混乱 観客が壁よじ登る

 県警によると、女性は同日午後1時すぎ、ホールを出ようと出入り口付近に近づいた際、混雑に巻き込まれて転倒。帰宅後に病院で受診し、脊髄損傷と診断され入院した。派遣社員の女性(19)=大阪市=と男子高校生(16)=大阪府富田林市=も軽傷を負い、県警は同じころに混雑に巻き込まれたとみている。

 フェスを巡っては、短文投稿サイト「ツイッター」などに同日、「将棋倒しで出入り口がふさがれた」「負傷者がいる」などの書き込みがあった。実行委は当初、負傷者は確認されていないと説明していた。県警は書き込みなどを基に負傷者3人から事情を聴いた。

 フェスには約3万5千人が訪れたといい、来場者はホール(定員6千人)や周辺に数カ所あるステージを行き来していた。

 県警は他に負傷者がいなかったか確認を急ぎ、業務上過失致傷容疑を視野に当日の経緯などを調べる。

 カミングコウベは、阪神・淡路大震災で受けた全国からの支援に対し、感謝を発信する無料のチャリティーフェスティバル。2005年に始まり、今年は13回目だった。

最終更新:7/14(金) 20:04
神戸新聞NEXT