ここから本文です

【P2レポート】アロンソが2セッション連続トップ10 メルセデスの強さ揺るがず/F1イギリスGP

7/14(金) 23:55配信

TopNews

2017年F1第10戦イギリスGPが7月14日(金)、シルバーストン・サーキット(全長5.891km)で開幕。現地時間13時(日本時間21時)から行われたフリー走行2回目でメルセデスAMGのバルテリ・ボッタスがトップに立った。

●【動画】「F1ライブ・ロンドン」大規模なF1イベント開催/3分ハイライト映像

セッション序盤はほとんどのドライバーたちがここでは中間のコンパウンドとなるソフトタイヤで周回を行っていくが、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンは一番軟らかいスーパーソフトタイヤでセッションを開始。アロンソはセッション開始から25分ほどの時点で全体の5番手となるタイムを刻む。

開始30分ほどが経過したところでトップチームのドライバーたちも続々とスーパーソフトに履き替え始める。フリー走行1回目で強さを見せたメルセデスAMGがここでも速さを示し、ボッタスがトップタイムを刻むと100分の5秒差でルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が続く展開となる。

3番手にキミ・ライコネン、4番手にセバスチャン・ベッテルのフェラーリ勢が続くが、ライコネンはボッタスからはコンマ3秒、ベッテルはコンマ4秒以上の差をつけられた。

5番手6番手にはマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドのレッドブル勢が続き、順当に3強チームのドライバーがトップ6を占めた。だが、レッドブルもトップのボッタスからはコンマ6秒以上の差をつけられており、ここまでのところはメルセデスAMGが頭ひとつ抜け出している状態だ。

マクラーレン・ホンダ勢は最終的にアロンソが2セッション連続でのトップ10入りを果たす9番手となったものの、バンドーンは16番手でセッションを終えている。

アロンソは今年5台目のES(エナジーストア)と呼ばれるパワーユニットコンポーネントを投入しており、決勝では5グリッド降格ペナルティーを受けることが確定している。明日行われる予選ではそのダメージを減らすためにもできる限り上位で終えたいところだ。

イギリスGP金曜フリー走行2回目のトップ10は次の通り。

トップ/バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)
2番手/ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)
3番手/キミ・ライコネン(フェラーリ)
4番手/セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
5番手/マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
6番手/ダニエル・リカルド(レッドブル)
7番手/ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
8番手/フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)
9番手/フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
10番手/エステバン・オコン(フォース・インディア)

F1イギリスGPフリー走行3回目は、明日の日本時間18時から始まる。

最終更新:7/14(金) 23:55
TopNews