ここから本文です

オービィ横浜、ヘラクレスオオカブトなどが勢揃いの併設イベント「みんなの世界昆虫展 2017」。7月21日から開催

7/14(金) 6:00配信

Impress Watch

 セガホールディングスとBBCワールドワイド リミテッドの共同プロジェクトであるオービィ横浜は7月12日、同館の夏イベントや、併設イベントとなる「みんなの世界昆虫展 2017」の開催を発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 オービィ横浜のあるマークイズみなとみらい5階特設会場での「みんなの世界昆虫展 2017」のほか、オービィ横浜内では遊びと学びのイベントプログラム3種類を実施。シアター23.4で新プログラム「夢見るポピー」の上映をスタートする。

■みんなの世界昆虫展 2017

 マークイズみなとみらい5階特設会場で行なわれるもので、日本に生息していないカブトムシやクワガタを展示するほか、珍しい昆虫と楽しめるコンテンツとして、昆虫釣りや記念撮影を行なえる「触れ合いコーナー」などを設ける。

 期間は7月21日~9月18日。時間は10時30分~19時(最終入館18時30分)。料金は中学生以上が600円、小学生・4歳以上の幼児が400円で、オービィ横浜の入館券とのセット券(当日券と前売り券)をローソンチケットで販売する。前売り券の発売は7月14日。

■オービィ横浜 2017 夏休みイベント□自由研究にオススメ!デザインワークショップ

 植物などをガラス容器で栽培する「ストーリーテラリウム」を作成するワークショップ。テラリウムには、動物フィギュアのほか、本物のコケや石、木片などを入れ、大小サービスに分かれた器を使って、独自の世界観を表現できる。

開催日:8月3日~6日
時間:11時~17時
場所:オービィ横浜 ツアールーム
料金:テラリウム(小)2000円、テラリウム(大)3500円

□自由研究!新世界『透明標本』の不思議を知ろう!

 小さな生物の肉質を透かし、骨に色を染める骨格研究の手法である「透明標本」の作り方や秘密を、透明標本作家の冨田伊織氏が講演会形式で紹介。さまざまな標本をビン詰めし、持ち帰ることができるワークショップ。

開催日:8月12日/13日
場所:オービィ横浜 ツアールーム
時間(料金):
 11時00分~12時15分:1回目講演会+プチ標本作り(1800円、要予約、定員45名)
 13時30分~14時45分:2回目講演会+プチ標本作り(1800円、要予約、定員45名)
 15時00分~19時00分:プチ標本作り(1000円~)
 11時00分~19時00分:物品販売(300円)
予約:講演会の予約は電話受付(TEL:045-319-6543)、開催日前日21時まで

□こどもスタッフツアー

 オービィ横浜のスタッフ業務を体験する、小学生限定の職業体験型ツアー。地球をイメージした「ブルーバーガー」のデザイン作成体験&試食や、アニマルスタジオ飼育体験などが用意される。

開催日:8月1日~(1日2回実施、時期により開始時刻や実施回数は変動)
所要時間:110分
料金:1600円(小学生限定、入館料のみでの入館の場合付き添い者は1名につき別途200円)
予約:電話での事前予約が必要(TEL:045-319-6543)、開催日前日21時まで
プログラム:
1. ブルーバーガーデザイン作成体験&試食
2. アニマルスタジオ飼育体験
3. オービィポーズレクチャー&オービィポーズ披露
4. シアター23.4の前説で動物知識レクチャー&披露
5. フォトスポット オプショナルツアー限定フレームでの撮影
6. 従業員ユニフォーム着用(ユニフォームはシャツジャケットタイプとTシャツタイプの2種類を用意)
※参加者には、オービィ横浜 オプショナルツアーオリジナル缶バッチをプレゼント。

■シアター23.4では新プログラム「夢見るポピー」スタート

 シアター23.4では、9作目となる新プログラム「夢見るポピー」を7月15日から上映開始。将来は働くことを夢見るラブラドール・レトリバーの子犬であるポピーに、サルーキーやブラットハウンドなどの働く犬たちが自分たちの仕事を紹介する内容。働く犬の姿を匂い、霧、重低音立体音響などの演出が加わった映像で楽しめる。

 ナレーションは声優の中司ゆう花氏と阪口周平氏が担当。上映時間は約20分。シアター23.4への入場料500円が必要。

トラベル Watch,編集部:多和田新也

最終更新:7/14(金) 11:52
Impress Watch