ここから本文です

小池知事定例会見7月14日(全文1)テレワーク定着、五輪のソフトなレガシーに

7/14(金) 18:13配信

THE PAGE

 東京都の小池百合子知事が14日午後2時から都庁で定例会見を行った。

【中継録画】小池知事が14日午後2時から定例会見

TOKYOライフ・ワーク・バランス推進窓口

小池:来週、再来週か、でございますけれども、飯田橋に開設をいたします。この点についてのお知らせであります。このセンターでありますけれども、4月の国家戦略特区の区域会議で私のほうから行いました提案でございまして、それが実現することになりました。特区事業と位置付けるということで、国と連携してテレワーク導入に関するさまざまなサービスをワンストップで提供するということが可能になります。そしてこのセンターにおきましてはIT、業務改善など、いろいろお悩みの企業の方々などに対しまして、専門知識を持ったコンシェルジュがその場で対応して、必要な支援をご案内するということでございます。

 館内では多種多様な機器、そしてソフトを展示いたしました体験コーナーであるとか、それからテレワーク導入のさまざまな取り組みの事例ですね。あるいは行政機関などの情報を紹介するコーナーも設置をいたします。またセミナー、体験会などのイベントを通じまして、テレワークを肌で体得していただこうという、そのような仕組みにいたしております。さらに具体的にこのテレワークを進めたいと検討している企業に対しては国の窓口において相談、そしてコンサルタントを派遣する、その助成金の受け付けを行うこととなっております。で、開所式、24日ですけれども、私も出席をいたします。国からは担当の副大臣、大臣政務官にご出席いただく予定としております。

 今後このセンターをテレワーク推進の拠点として、特区を活用した新規サービスの実施を検討するなど、よりいっそうの普及に取り組んでまいりたいと考えております。で、テレワーク・デイであります。テレワーク・デイといたしましたのが7月24日。これはすなわち2020年の東京オリンピックの開会式に当たりますので、ちょうど3年前ということになります。この都庁におきましてもテレワークに隗より始めよで、積極的に取り組むことといたしておりまして、併設しております東京都のTOKYOライフ・ワーク・バランス推進窓口とも相互的に連携させながら東京の働き方改革を力強く引っ張っていきたいと考えています。

 テレワークの定着を2020年大会のソフトなレガシーにしたいと考えています。何度も申し上げていますように、ロンドン大会がこのテレワークの推進に非常に成功した事例というふうに聞いております。ぜひ先ほどの時差Bizもテレワークも働き方改革ということであり、ぜひこれを機会に真にこの東京という大都会で働く皆さんが働き方を改革するということは、すなわち日本の働き方も変えていくということを意味すると思います。

1/4ページ

最終更新:7/20(木) 6:06
THE PAGE

Yahoo!ニュースからのお知らせ