ここから本文です

ネオジャパン、きめ細かいカスタマイズに対応した社内システム構築ツール「AppSuite」

7/14(金) 6:00配信

Impress Watch

 株式会社ネオジャパンは、カスタムメイド型の社内システム構築ツール「AppSuite」を2017年秋に提供開始する。同社の主力製品であるグループウェア「desknet's NEO」をプラットフォームとして利用し、業務で利用するアプリケーションを容易に構築できるという。

【この記事に関する別の画像を見る】

 AppSuiteは、企業の現場で行われている業務処理を、簡単にWebシステム化するためのソリューション。さまざまな業務・業種で利用できるアプリケーションをテンプレートとして用意しているほか、特別なITの知識がなくとも、簡単な操作でそれをカスタマイズしていくことができる。

 管理項目や表示・編集フォーム、項目ごとのアクセス権などを、自社の業務や運用にあわせてカスタマイズできるため、自部門の業務に細かくフィットさせることが可能。また、desknet's NEOをプラットフォームとしているので、新たに作ったアプリケーションもdesknet's NEOの1機能として社内に展開でき、グループウェアを使い慣れていれば、操作方法のトレーニングも必要ないという。さらに、蓄積されたデータを集計・グラフ化して、desknet's NEOのポータルで情報共有したり、社内会議などでの分析・報告に利用できるとした。

 テンプレートとなるアプリケーションは、営業系(顧客管理、案件管理など)、総務系(固定資産管理や備品管理など)、IT管理系(変更管理や構成管理など)おいった職種別と、製造業向け(出荷管理、品質管理など)、自治体向け(固定資産管理、設備点検管理など)、医療・福祉系(診療情報管理、インシデント管理など)といった業種別を、提供開始時点で100種類程用意し、順次拡大していく予定。

 ネオジャパン マーケティング統括部 プロダクトマーケティングの山田志貴氏は、「現場での業務を改善しようという動きはあるが、せいぜいが、紙とメール、表計算ソフトを組み合わせている程度で、それでは限界がある。またシステム開発を行う場合は、IT部門にやってもらうことが多かった。しかしAppSuiteでは、目的に合うアプリをライブラリから選び、業務にあわせたカスタマイズを現場で行って使っていける点が特徴。現場のお客さまに自分たちの業務をシステム化して使っていただくといったコンセプトだ」と説明した。

 なお、AppSuiteの実態はWebアプリケーション開発フレームワークであり、開発の知識さえあれば、アプリケーションのライブラリを利用せず、オリジナルの業務アプリを一から開発することも可能とのこと。さらに将来的には、外部データと連携するためのAPIも用意する予定だ。

 提供形態としては、desknet's NEO同様、オンプレミス版とクラウド版を提供する。また、具体的な価格は公表されていないが、アプリケーションを利用するユーザー数に応じて課金する予定で、アプリケーションの数には依存しないとしている。

クラウド Watch,石井 一志

最終更新:7/14(金) 6:00
Impress Watch