ここから本文です

碧志摩メグは「初音ミク」を目指す アニメPVの公開で「消えた」説を一蹴

7/14(金) 18:42配信

J-CASTニュース

 三重県の観光地・伊勢志摩をPRすることを目的に作られた海女さんの萌えキャラ「碧志摩(あおしま)メグ」のアニメPVが2017年7月13日に公開された。ネット上では「まだ活動してた?」「消えてなかったのか?」といった声も上がることになった。

【画像】「メグ」の声を担当する小松未可子さん

 地元では16年5月の「伊勢志摩サミット」のおもてなし役としても期待されていたのだが、イラストの胸や、太ももが性を強調しているとし「女性蔑視」「海女を誤解される」といった批判が一部で起きて、志摩市はキャラクターの公認を撤回した。キャラクターそのものも廃止になりかねない勢いだったが、どっこい「メグ」は人気を拡大していたのだ。

■「女性蔑視」と市の公認キャラを外された過去

 13日に公開された「メグ」のアニメPVは15秒、45秒の2つのバージョンがあり、いずれも三重県の観光PRをしている。声優には「ガンダムビルドファイターズ」のイオリ・セイ役などで知られる、同じ三重県出身の小松未可子さんを起用した。

 「メグ」の誕生は14年で、三重県出身で、地元企業株式会社マウスビーチMARIBON事業部の浜口喜博プロデューサーが当時ブームとなっていた萌えキャラ構想を市に提出し、当時の大口秀和市長が旗振り役となり10月30日に記者会見でイラストを公表、市の公認を発表するとともに名前を公募した。プロフィールは17歳で身長158センチ、体重46キロ、サラリーマンの家庭に生まれ育ち、名人のおばあちゃんのような日本一の海女になれるよう努力をしている、となっている。市は「メグ」のポスターを制作し観光PRを始めるとともに、「伊勢志摩サミット」のおもてなし役にしようと進めていたのだが、15年春ごろから「女性蔑視」「海女を誤解される」といった抗議のメールや文書が届いたほか、直接市役所を訪れて公認をやめるよう訴えられる事態になった。

 市長はイラストの絵柄を変えてでも公認取り消しを断固拒む姿勢だったが、15年8月に現役の海女さん含む309人分の署名が市と市議会に提出され、9月30日に海女さんの代表24人と浜口プロデューサーらの話し合いの場が持たれた際に海女さんの約3割が取り消しを求めたことで、市は11月5日に公認を取り消した。

 ネット上では当時、「なぜこれが女性蔑視になるのか分からない」という意見が多く、「けしからん」は少数派だった。公認取り消しについて「メグ」は「悲劇のキャラ」扱いされ、キャラそのものも抹殺されかねない勢いに、「メグ」自体の存在も風前の灯だと思う人が続出した。

 ところがどっこい、「メグ」は消えるどころかその人気を拡大させていたのだ。

1/2ページ

最終更新:7/14(金) 19:08
J-CASTニュース