ここから本文です

【韓国】フィンテック事業者通じ海外送金、来月から

7/14(金) 11:30配信

NNA

 韓国で8月15日から、金融とITを融合したフィンテック事業者が海外送金サービスを行えるようになる見通しだ。利用者はスマートフォンを利用することで送金手続きが簡単になる上、送金手数料を従来の半分程度に抑えることができる。
 外国為替取引法の改正を受け、金融監督院が今月18日から、海外送金業務を担うフィンテック事業者の登録を受け付ける。約40社が登録を準備しているとされる。
 海外送金はこれまで銀行を経る必要があったが、今後はフィンテック事業者を通じ1件当たり3,000米ドル(約33万9,000円)、年2万米ドルまで送金が可能だ。その場合の送金手数料は送金額の1~2%と、大幅に減ることになる。

最終更新:7/14(金) 11:30
NNA