ここから本文です

HKT田中美久、拡散する怪情報に「妄想」と激怒 「炎上覚悟でも、否定したかった」

7/14(金) 19:47配信

J-CASTニュース

 AKB48グループの「選抜総選挙」で大幅に順位を上げて順風満帆だったはずのHKT48の田中美久さん(15)が、「今、私の間違った話が飛び交ってると聞きました」などとして、「どーなったらこんな妄想できんの?」「スルーするなんて考えられない!こんな事実無根!! 」と激怒している。

【画像】コンサートで活躍するHKT48の田中美久さん

 発端は、メンバーがファン向けに公開しているSNS以外に、メンバー同士で私的に利用しているとされる「プライベートアカウント」(プラ垢)「裏アカウント」(裏垢)といったものの存在だ。HKTメンバーをめぐっては、こういったアカウントの「流出騒動」が起こったばかり。この「流出」した内容に尾ひれがつく形で、田中さんがアイドルグループメンバーとデートしたとする根拠不明な噂が流れた。「間違った話」は、この噂を指すものと見られる。こういった噂話は「スルー」「黙殺」するのが「アイドル業界の常」でもあるが、田中さんは、あえて「炎上覚悟でも、否定したかった」と訴えている。

■「プラ垢」「流出騒動」が発端

 田中さんは、矢吹奈子さん(16)と合わせて「なこみく」として人気のメンバー。ローティーン誌「LOVE berry(ラブベリー)」(徳間書店)のモデルを務めるなど、若年層からの支持も厚い。17年の「選抜総選挙」では、16年の45位から28位に大幅にジャンプアップした。

 今回の田中さんの訴えの発端は、「プラ垢」の「流出騒動」だ。あるツイッターアカウントが7月初旬から、HKT48メンバーのプライべートアカウントが「流出」したとしてインスタグラムやツイッターのスクリーンショット画像を次々にツイート。本当に「プラ垢」が流出したか信ぴょう性は定かではないが、中には明らかにメンバーの顔だと分かる写真や、ファンには公開されない内容を含む握手会のシフト表らしきものも含まれていた。「流出」させたのが誰か分からないこともあり、ファンの間では波紋が広がっていた。

1/2ページ

最終更新:7/14(金) 19:47
J-CASTニュース