ここから本文です

大迫の同僚モデスト、天津権健へ移籍 レンタル後に買取へ

7/14(金) 16:51配信

ISM

 大迫勇也が所属するケルン(ドイツ)は現地時間13日(以下現地時間)、エースFWアンソニー・モデスト(29)が、天津権健(中国)へ移籍することを発表した。関係者すべてが移籍に合意したと述べている。

 独『ビルト』紙(電子版)が12日に伝えたところによると、モデストは今後2年間、期限付き移籍という形で天津権健に所属。レンタル料は600万ユーロ(約7億8000万円)で、契約には2900万ユーロ(約37億5000万円)以上での買取オプションが付帯しているという。

 モデストは2015年にホッフェンハイム(ドイツ)からケルンに加入。同チームでは公式戦73試合に出場し、45得点を挙げた。昨季はブンデスリーガで25ゴールをマークし、ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)、ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)に次ぐ、得点ランク3位の結果を残した。

最終更新:7/14(金) 16:51
ISM

スポーツナビ サッカー情報