ここから本文です

建長寺で子どもたちが動画制作合宿 鎌倉を世界に発信 /神奈川

7/14(金) 10:15配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 鎌倉の建長寺で8月4日・5日、小中学生を対象に鎌倉をアピールする動画作品を作る「~世の中に貢献するユーチューバーになる!~サマーキャンプ鎌倉」が開かれる。主催は教育サービスを提供するユニイク。(湘南経済新聞)

会場となる建長寺の前でタブレットを手にする永井さん。「見たり歩いたり食べたり笑ったりしながら、誰も知らない鎌倉を見つけて世界に発信してほしい」

 これまで多くの企業のコンサルティングや教育などを行ってきた同社の永井貴博さん。「日本人は勉強好きでインプットは得意だが、表現が苦手であることを実感した。これからの社会では表現すること、発信することの楽しさを知らないと活躍できない」と考え、「子どもたちにアウトプットする楽しさを地元の鎌倉で体験してもらおう」と企画した。

 テーマは「鎌倉をPRするオリジナルムービー」。鎌倉学園の教室で市職員から市内の案内を聞いた後、チームに分かれてロケハンへ出掛ける。午後は動画撮影のレクチャーを受け、チームごとに企画を立て構成や台本を作成しiPadで撮影。持ち帰った動画のシーンをつなげたり、テロップを入れたり、色調を変えたりなどさまざまな編集ソフトの機能を使い3分の作品に仕上げる。

 現役のテレビディレクター、ムービーのカメラマン、司会者、モデル、アナウンサーなど各分野の専門家が常に付き添いアドバイスを送る。

 希望者は同寺に宿泊し、早寝早起き、座禅、掃除など修行体験もできる。

 翌日は発表練習の後、保護者をはじめ市職員や関係者などを招きプレゼンテーションとともに作品を上映。同時にユーチューブ上に限定公開し、オンライン発表会も行う。

 永井さんは「まずは町へ出て、歴史や自然だけではない鎌倉の人の優しさや豊かさを子どもたちに感じてもらいたい。3分の中に魅力を詰め込んで、日本中に、世界中に伝える楽しさを味わってほしい。夏休みの自由研究としても提出できる」と話す。

 参加費は、2日間通学=8,000円、2日間宿泊=1万6,000円(夕朝2食含む)、3日間通学1万2,000円、3日間宿泊(夕朝4食含む)=2万円。申し込み方法はホームページで確認できる。

みんなの経済新聞ネットワーク