ここから本文です

ポジティブ人間のつくり方 ~実体験を基にオススメする4つのこと ☆えくぼママの沖縄子育て☆

7/14(金) 12:40配信

琉球新報

文章を読むのが好きな私は育児雑誌などもよく読む。
そこに書いてあることを見ると、意外にも、「自分もやっているな~」と思うことが多い。
・寝かしつけの時に「大好きだよ~」「宝物だよ」と伝える
・まずは共感する
など…

「自然にできてる私って、ひょっとして天才!?」
なんて思っていたけれど(鼻につくほどのポジティブとよく言われます)

帰省して母親の孫に対する行動を見て気付いた。

私のあやし方って、母親そっくり!!!!

8歳年下の弟がいる私。
もうすぐ中学生になる姪がいる私。
自然にわが母親の、子どもに対する行動を見ていたみたい。

ポジティブシンキングが特技の私
長所:ポジティブ
短所:ポジティブ(行き過ぎていて鼻につく・あきれられる・嫌われていそう)

これまでに「haremamaさんみたいな子どもに育てたい! だって幸せそうだし、どこでも生きられそうだから…」
と何度か言われたことがある。

そして私も自分みたいな性格に育ってくれたら楽だと思う。(ね…!? 鼻につくでしょ。もう少しお付き合いください)

なぜなら美人でもなく、頭も悪く、運動神経もないのに、幸せ~と思って生きているから!
「こんな幸せな人いないよね!!」って
夫に伝えると、いつもあきれられるけど・・・
というか苛立たれるけど・・・

よく人から聞かれる「どうやったらポジティブになれるの?」
この問いに私はいつもこう答えている。
「母親の育て方かな」とそこで実体験を元に「ポジティブ人間の作り方」を幾つか紹介します。

1.愛情表現をする

3人きょうだいの真ん中として育った私。
母親はいつも「3人の内の誰が一番なんてあるはずがない」と断言してくれた。
そしていつも「可愛い可愛い」と育ててくれた。
大きくなってから知ったことだけど、私、きょうだいの中でも群を抜いてブサイクだったらしい。
そんな私も中学生になるあたりまで、自分は可愛いと思えるほどのマインドコントロールをかけられていた
(中学生にもなればそりゃ気づくけどね・・・残念ながら)

2.小さなことでも楽しむ

裕福ではなかった私たち。
休みの日はもっぱら図書館か公園だった。
図書館に行った帰り道、50円程のコロッケをたまに買ってくれる母親は、その時かならず「今日は青春しようか」と言っていた。
青春=買い食い=特別
私はその言葉が出ると嬉しかった。
公園に行く道すがら、家族全員で号令をかけていた。
「全体止まれ 1.2.3.4.5」と一人ずつ号令をかけるのが楽しかった。
家族がいる幸せを感じられた。

3.季節の行事を楽しむ

ひな祭り・クリスマスはもちろん、成人式には家族全員、同じ部屋で寝て、お父さんが昔話をしてくれる(これってわが家だけ??)
お正月は必ず新品の服を着る。
など季節の行事ごとに色んな楽しみがあった。

4.お金も部屋もない。だけど特別な空間を

2DKの団地に住んでいた私たち。
縦に有効活用するために兄弟3人3段ベッドで眠っていた。
仲の良い従姉妹が大きな家に引っ越すと決まった時、母親が行動に出た。
3段ベッドに1段ずつ電気とカーテンをつけてくれた。(寝台列車みたいな感じかな?)
「○○ちゃんが大きな家に引っ越すから羨ましいやろうけど、ここがあんたらの部屋やで」と・・・。
それを言われた時「羨ましい? 何で? 私はこの家族が好きやのに・・・」と思ったのを思い出す。
そして従姉妹が遊びに来たとき私達の3段ベッドをとても羨ましがっていたのを見て「ほらね。家の方がいいやろ」
と思ったことを今でも覚えている。

家が狭かったから、みんなが小さなリビングに集まって足をぶつけながらコタツに入っていた「お父さん近寄らないでよ。」なんて言える訳もない状況・・・側にいるのが当たり前だった。
だから未だに実家に家族が集合するとみんな密集している。(総勢14人が6畳にひしめき合う)
そして私も姉も家族が大好き。(弟には聞いたことがないけれど、きっと好きだと思う)

同じ団地で育った友だちは二度と団地に住みたくないと言う。
だけど私は小さくて家族がいつも見える家が良いと思う。
これは人と比べることが嫌いな母親が、長年かけて植えつけてくれた考え方なんだろうなと最近思う。

先日母親に聞いてみた
「育児本読んでた?」と・・・
母親の答えは
「いっぱい読んだ」
私は育児本なんて読まなくてもいい。母親の真似をするだけで良い。
そんな自信があふれた。

母親の個性的な子育て方針はまだまだあるのでいつか紹介できればいいな・・・。

(えくぼママライター haremama)

☆えくぼママの沖縄子育て☆ これまでの記事はこちらから

 


☆ プロフィル ☆

haremama
関西出身の2児の母で、働くママ。
整理収納アドバイザー1級を取得。
関西人の夫と、沖縄生まれ沖縄育ちの息子と娘との4人暮らし。
楽しく晴れやかに過ごせる為の方法を毎日大真面目に考えています。
 

アイコンをクリックして「たいようのえくぼ」ページへ↓



 

 

 

琉球新報社

最終更新:7/14(金) 12:40
琉球新報