ここから本文です

星林・島本が完投勝ち!早実・清宮にリベンジを/和歌山

7/14(金) 7:00配信

サンケイスポーツ

 第99回全国高校野球選手権大会和歌山大会(13日、星林2x-1新翔、紀三井寺公園野球場)和歌山大会が開幕して紀三井寺公園野球場で1回戦2試合が行われ、星林は新翔に2-1でサヨナラ勝ち。エースの島本真宙投手(3年)が9回を4安打1失点で完投した。

 島本は昨年8月、早実(西東京)との練習試合で清宮幸太郎内野手(3年)に通算56号目となる本塁打を浴びた。県内でただ一人、清宮から被弾している島本は「真っすぐだけじゃ抑えられないと感じた。投手として転機になりました」と高校球界を代表する強打者との対戦を振り返り、次戦18日の南部戦(紀三井寺)に向けて「もう少しコーナーをついていけるよう準備していきたい」と語った。

 「清宮選手にやり返したい気持ちはあります」と燃える右腕がチームを聖地まで導く。