ここから本文です

メッシ、楽天パワーで6冠再び「目標ははっきりしている」

7/14(金) 6:00配信

スポニチアネックス

 スペイン1部バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(30)が、8月に開幕する17~18年シーズンに向けて全タイトル獲得を目標に掲げた。13日に都内で、今季からパートナーシップ契約を結んだ楽天の記者会見に出席。楽天の三木谷浩史会長兼社長(52)、ブラジル代表FWネイマール(25)らとともに、胸に「Rakuten」のロゴが入った新ユニホームを披露した。

 史上最多5度のバロンドール(世界最優秀選手)に輝いたエースの注目度は、やはりワールドクラスだった。国内外から計126社260人もの報道陣が集まり、テレビカメラ約60台、スチルカメラ約70台が向けられる中、メッシは世界で初めて新シーズンに向けた意気込みを語った。

 「バルセロナでプレーする限り、開幕時の目標はいつもはっきりしている。全てのタイトルを手に入れること。今年は成し遂げたいね」。09年に22歳だったメッシを中心に、国内リーグ、欧州CL、クラブW杯など全6冠を獲得。クラブ唯一の偉業を再現することを目標に掲げた。

 メッシの夢を後押しするのが楽天だ。契約期間は今月1日から4年間(1年の延長オプション付き)で、年間5500万ユーロ(約71億円)、総額2億2000万ユーロ(約284億円)もの大型契約。国内の宿敵Rマドリード、マンチェスターUをはじめとするプレミアリーグ勢など資金豊富なライバルに勝つためには不可欠な“援軍”で、三木谷会長は「リーグ戦と欧州CLの両方で必ず優勝してほしい」と2冠獲得に期待を寄せた。

 背番号10にとって新たなスタートだ。先月24日に30歳の誕生日を迎え、同30日に故郷アルゼンチン・ロサリオで幼なじみのアントネラさん(29)と結婚式を挙げた。今月5日にクラブとの契約を21年まで3年延長したことを発表。新指揮官には日本代表監督候補にも挙がったことがあるバルベルデ氏が就任し「新監督とゼロからのスタート。楽しみだし、全力を尽くしたい」。およそ24時間の短い滞在を終え、プライベートジェット機で帰国の途に就いた。