ここから本文です

適切ならWファーゴの取締役会に是正措置講じる=米FRB議長

7/14(金) 7:19配信

ロイター

[ワシントン 13日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は13日、米銀大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)<WFC.N>が顧客に無断で口座を開設していた問題を巡り、是正措置が適切だと調査で判断された場合は、Wファーゴの取締役に対してこうした措置を講じる用意があると表明した。

イエレン議長はエリザベス・ウォーレン上院議員(民主党)の質問に対し、FRBによるWファーゴの監督の詳細についてはコメントしないと述べた。

その上で「取締役を排除する権限はある」と指摘。「全容を把握するために徹底的な調査を行う必要がある。是正措置を講じる用意がある」と述べた。

Wファーゴはこれに対し、新たな最高経営責任者(CEO)の選出、取締役の指名、カスタマーサービスと販売慣行の見直しなど多くの対応を実施してきたと説明。同行の広報担当は電子メールでの声明で、こうした対応を継続していくとした。

ウォーレン議員は6月、Wファーゴに関し、無断口座開設問題が起きた当時の取締役12人の解任を求める書簡をFRBに送付した。

Wファーゴを巡っては、営業ノルマ達成のため、顧客に無断で最大210万件の口座を開設していたことが明らかになり、訴訟や当局の調査が行われている。

最終更新:7/14(金) 7:19
ロイター