ここから本文です

元部員が売春斡旋容疑で逮捕…不祥事に揺れる拓大紅陵を直撃リポート 「そっとしておいてやれ」周囲ピリピリ、監督は沈黙

7/14(金) 16:56配信

夕刊フジ

 元硬式野球部員の少年3人が知人の少女に売春させたとして逮捕された拓大紅陵高(千葉県木更津市)は12日、夏の千葉大会1回戦で秀明八千代高と対戦(ゼットエーボールパーク=同県市原市)。11-0でコールド勝ちを収めたが、春夏通算9度の甲子園出場を誇る名門を襲った衝撃はあまりにも大きい。(海野慎介) 

 試合開始前、球場前で待機する同校応援団のうち、おそろいのえんじ色のTシャツを着た、選手たちの父母とみられる人たちに狙いを絞り、今回の事件に対する受け止め方を聞いて回った。ところが、「今回のことについてはわからない」「何も知らない」「父母会を通してください」と一様に口を閉ざした。

 「口止めでもされているんですか?」と聞いてみたが、「知らないものは知らない」との返答。

 すると突然「あんた、こんなところで何をやっているの? そっとしておいてあげればいいじゃないか!」と年配の男性が割って入ってきて怒鳴り、記者もつい「他の部員が頑張っているからなおさら問題ですよ」と反論。男性は「だから、そっとしておいてやれっつーの!」と吐き捨てると、足早に観客席に消えた。ピリピリとした緊張感がみなぎっていた。

 試合には大勝したものの、ナインの顔に弾けるような笑顔はない。

 試合終了後、沢村史郎監督に「逮捕された3人はどのような性格だったのでしょうか」と聞いてみたが、沢村監督は「僕の方から答えるのは差し控えさせていただきたい。申し訳ありません」。

 さらに「過去には不祥事で出場を辞退した学校もある中、出場に踏み切ったのはなぜですか」と尋ねると、「校長先生のコメントそのままですね。昨日学校長がコメントしたことを全て聞いた上で、私に質問されていますか? それをしていないのであれば、ちょっともう一回見直していただいて、それ以外のことであれば、私が答えられることは答えます」と語気を強めた。

 前日の11日、同校の森章校長は報道陣に対応し、逮捕された3人が2月から3月末までにいずれも自主退学していると説明。「部員の夢や希望を摘みたくない。出場辞退は考えていない」と語っていた。

 しかし、日本高野連は千葉県高野連に報告書の再提出を求めており、現段階ではまだ「処分できない」としているに過ぎない。事態はまだ収束していないといえる。

 試合中、同校側スタンドから聞こえてきた力強い歌声は、応援歌「青天の覇者」だった。前代未聞の不祥事を同校野球部は乗り越えられるだろうか。

最終更新:7/14(金) 16:57
夕刊フジ