ここから本文です

【函館記念】ステイインシアトル重賞連勝だ!6歳まだ10戦いまが充実期

7/14(金) 6:04配信

デイリースポーツ

 「函館記念・G3」(16日、函館)

 鞍上の手綱はがっちりと押さえられたまま。それでも時計は自然に速くなった。鳴尾記念に続く、重賞連勝を狙うステイインシアトルが13日、函館Wで単走追い。藤岡康(レースは武豊)を背に5F66秒4-38秒0-12秒6を馬なりではじき出し、軽快なアクションを見せた。

 「乗り手に従順でコントロールが利きやすい」。調教役を務めた藤岡康はそう話す。担当の橋口助手はそれを受けて、「前走よりも動きはいい。それでいて追い切り後はうるさくもない。函館到着直後は神経質になってカイ食いが少し落ちたが、今は大丈夫」と目を細めた。

 ヤマカツライデン、マイネルミラノと同型はいるが、それでも同助手は「控えてどんなレースができるか楽しみ」と前向きだ。6歳馬ながらキャリアはまだ10戦。充実期に入ったステイゴールド産駒が、新たなタイトル奪取をもくろむ。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ