ここから本文です

<トルコ>進む粛清 クーデター失敗1年、逮捕5万人

7/14(金) 10:30配信

毎日新聞

 【イスタンブール高橋宗男、ブリュッセル八田浩輔】トルコ軍の一部が昨年7月に企てたクーデターが失敗して15日で1年が経過する。直後に非常事態宣言が発令され当局の取り締まり権限が拡大され、今年4月の国民投票で大統領権限の大幅強化が承認された。強権支配を続けるエルドアン政権に対する批判は、国内外で強まりつつある。

 ◇十数万人、抗議集会

 「権利、法、正義!」

 トルコの最大都市イスタンブールで数十万人もの大群衆が9日、スローガンを叫んだ。最大野党・共和人民党(CHP)党首らが首都アンカラから約450キロを25日かけ歩いた「正義の行進」を締めくくる大集会だ。クルチダルオール党首は「刑務所に入れられた国会議員や記者、解雇された研究者らの権利のため行進した」と強調。非常事態宣言の即時撤廃などを訴えた。

 失敗したクーデター後、政権が逮捕したのは約5万人、解雇・停職処分とした軍人や警察官、公務員、教員らは約15万人とされる。「事件の黒幕」と断定した在米イスラム教指導者ギュレン師の支持者ら「すべてのテロ関係者」と見なす人々だ。9日の集会に参加したソンギュル・トゥンデミルさん(46)も解雇された中学校の美術教師。「この国に正義はない」と憤る。

 行進には少数民族クルド系の国民民主主義党(HDP)などほかの野党も賛同し、政権への反発の広がりが浮き彫りになった。「非常事態宣言を利用して我々にも圧力をかけてきた」。そう批判するのはHDPイスタンブール地区のエセンギュル・デミール共同議長だ。この1年で共同党首2人など11人の国会議員、党員や支持者ら約5000人が逮捕されたという。

 エルドアン大統領らは行進を「テロ支援に当たる」などと繰り返し非難。親政権の英字紙サバハ・デイリーは10日、クルチダルオール氏の目的は2019年の大統領選候補者に指名されることだとの政治学者の分析を掲載した。

 町中には「7月15日の伝説」と印刷された巨大な垂れ幕が出現。エルドアン氏は11日、イスタンブールの墓地で軍に対抗し死亡した「殉教者」に敬意を表した。愛国心の高揚を通じ支持固めを図る手法と見られる。

 ◇こじれる対欧関係

 一方、トルコと、その人権状況に懸念を深める欧州連合(EU)との溝は深い。EUの欧州議会は6日、改正憲法が施行されれば、トルコとのEU加盟交渉を正式に停止するよう求める決議を採択した。

 エルドアン氏は12日、英BBCに「国民の大半はもはやEUを望んでいない」と反発。一方で「もうしばらくの間、我々はEUに誠実であり続ける」とも述べ揺さぶりをかけた。

 ユンケル欧州委員長らは加盟交渉を打ち切る考えはない。EUはトルコに中東から欧州を目指す難民・移民の阻止を委ねている。トルコが対EU国境を「開放」すれば、100万人以上が流入した一昨年同様の大混乱が生じかねない。

 分断は、トルコが加盟する北大西洋条約機構(NATO)でも生じている。ドイツ政府は先月、過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦でトルコ南部インジルリク空軍基地に駐留していた独軍の撤収を決定。直接の理由は、失敗したクーデターに関与した軍人の引き渡しをドイツが拒否したことにトルコが反発し、独国会議員の基地訪問を拒否したためだ。

 両国関係は冷え込んでおり、来年のNATO首脳会議誘致にトルコが意欲を示したが、関係筋によるとドイツなどが強く反対、ベルギーで開催となった。NATOとの軍事的緊張が続くロシアに接近するエルドアン氏の外交も加盟国の懸念を深める要因だ。米国とはテロ対策での連携で一致するが、ギュレン師引き渡し問題やシリア内戦への対応で対立も続いている。

最終更新:7/14(金) 10:30
毎日新聞