ここから本文です

【千葉】ミスター母校・佐倉、市川南の“由伸”に苦杯

7/14(金) 7:57配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権千葉大会 ▽2回戦 市川南6―3佐倉(13日・袖ヶ浦市営)

 ミスターの後輩が意地を示した。佐倉は1点を追う4回に栄光の“背番号3”を背負う霜鳥大輔一塁手(3年)が右越え二塁打でチャンスメイクするなど3点を奪い、一時逆転した。ユニホームのタグには、「偉大な先輩に力を借りる」意味で「3」が縫いつけられている。6月4日、長嶋茂雄記念岩名球場で行われた、イースタン・巨人―ロッテ戦でミスターが打席に立った始球式をチーム全員で見守った。霜鳥は「憧れです。感動しました」と勇気をもらって臨んだ。

 しかし甘くはなかった。1点リードで迎えた6回無死。父・修さん(50)が巨人・高橋由伸監督のファンで名付けられたという市川南の“由伸主将”こと小山田に、左中間を破る三塁打を浴び、そこから逆転を許した。6月の全日本大学野球選手権ではミスターの母校・立大が59年ぶりの優勝。その再現とはならなかったが「達成感しかない」と霜鳥はすがすがしく言った。(大野 隼斗)

最終更新:7/14(金) 7:57
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 2:40