ここから本文です

メッシ「バルサがすべてを手に入れたい」楽天との会見に報道陣260人集結

7/14(金) 6:04配信

デイリースポーツ

 インターネット通販大手の楽天は13日、都内の本社で、サッカーのスペイン1部リーグのバルセロナとのパートナーシップ締結に関する会見を開いた。年間5500万ユーロ(約71億円)の4年契約で、ユニホームの胸部分に同社のロゴが入る。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(30)、ブラジル代表FWネイマール(25)ら4選手が同席した会見には126社、約260人の報道陣が集結。メッシは新シーズンに向け「バルセロナがすべてを手にしたい」と全タイトル獲得を誓った。

 すべてを手中に収める。会見に出席したメッシは、新たなシーズンに向けた大きな目標を掲げた。

 「シーズン前の目標はいつだって同じ。はっきりしている。バルセロナがすべてを手に入れたい。新しい監督、新しいコーチがくる1年。個人的にはプレーするのが楽しみだ」

 世界最高峰プレーヤーが掲げたのは全タイトルの獲得だ。スペイン・スーパー杯からクラブW杯までの5冠を目指す。前ビルバオ監督のバルベルデ氏が指揮を執る来季。メッシは「どういう仕事の仕方をするかわからないが、偉大な監督。早く一緒に仕事をしたい」と語った。

 チームは楽天とのパートナーシップを締結して最初のシーズンを迎える。最大で5年の巨額契約。ユニホームの胸には「Rakuten」のロゴが入る。楽天としては世界的な認知度の向上に加え、ファンの楽天会員への取り込みや同社が運営する通信アプリ普及への期待もある。

 楽天の三木谷浩史会長兼社長は「楽天のブランドの意味がかわる。人々が利用するサービスを提供することで、経済的にも投資回収できる。リーグ戦と欧州チャンピオンズリーグの両方をとってほしい」と語った。三木谷会長との交友関係が今回の契約のきっかけとなり、会見に同席したDFピケは「楽天とは共通の価値観、哲学がある。ファミリーだ」と歓迎した。

スポーツナビ サッカー情報