ここから本文です

京産大、獣医学部構想を断念 学部再編に方針転換

7/14(金) 23:25配信

京都新聞

 京都産業大は14日、2004年から構想してきた獣医学部について、今後の開設を断念する方針を明らかにした。獣医学部ではなく学部再編に方針転換したという。会見した黒坂光副学長は「残念ではあるが、次の学部再編に踏み出す」と話した。
 京産大は京都府とともに、国家戦略特区制度を活用して綾部市での獣医学部新設を政府に提案していた。今年1月の内閣府と文部科学省からの告示で18年度開設が条件となり、「教員確保など準備が間に合わない」と断念したという。構想には自信があったとしつつ、短期間での開設条件については「予期していなかった」とした。結果的に、学校法人加計学園(岡山市)だけが特区の事業者に応募した。
 その後、獣医学部のさらなる新設を容認する安倍晋三首相の発言もあったが、既に別の形で学部再編を計画しており、あらためて検討はしなかったという。
 京産大はこの日、獣医学部の新設を見据えて動物生命医科学科など3学科を設けていた総合生命科学部を、先端生命科学科など2学科の生命科学部(仮称)に再編することも発表した。定員は35人増えて150人となる。19年度の開設を目指すという。

最終更新:7/14(金) 23:25
京都新聞