ここから本文です

Oculus Riftのスタンドアロン版、2018年に約200ドルで発売か──Bloomberg報道

7/14(金) 7:54配信

ITmedia NEWS

 米Facebook傘下のOculus VRが、2018年にPCもスマートフォンも不要なスタンドアロンタイプのVRヘッドセットを発表すると、米Bloombergが7月13日(現地時間)、複数の情報筋の話として報じた。10月にはアプリ開発者向けに提供を開始するという。

【その他の画像】2017年第1四半期の世界でのVR/AR出荷ランキング(資料:IDC)

 Facebookは昨年の開発者会議「Oculus Connect」で、「Santa Cruz」というコードネームのスタンドアロンモデルを披露した。

 Bloombergによると、来年発売のスタンドアロンモデルのコードネームは「Pacific」で、価格は200ドル(約2万3000円)前後。現行のOculus Riftよりコンパクトで韓国Samung Electronicsのスマートフォン搭載型VRヘッドセット「Gear VR」(本体は約312グラム)よりも軽く、無線リモコンをサポートするという。

 情報筋によると、Oculus VRはこのモデルの製造と販売ネットワークで中国Xiaomiと提携する。XiaomiはオリジナルブランドのVRヘッドセットを製造・販売しており、このモデルも中国ではXiaomiブランドで販売する計画。この提携は元Xiaomiで現在FacebookのVR/AR責任者を務めるヒューゴ・バーラ氏が実現させたようだ。

 Oculus VRはVR市場の先駆者の1社ではあるが、米調査会社IDCが6月に発表した第1四半期の調査によると、VR/AR市場でのFacebookのシェアは4.4%で4位だった。

 同社は10日、Oculus Riftを期間限定で値下げすると発表した。

 スタンドアロンタイプのVRヘッドセットについては、米Googleが今年の開発者会議で、「Daydream」プラットフォーム採用のモデルが年内にHTCとLenovoから発売されると予告している。

最終更新:7/14(金) 7:54
ITmedia NEWS