ここから本文です

<すみだ水族館>クラゲ×妖怪の「水の妖怪トンネル」登場 水木しげるさんと“コラボ”

7/14(金) 20:09配信

まんたんウェブ

 すみだ水族館(東京都墨田区)の夏のイベントとして、館内の展示エリア「クラゲ万華鏡トンネル」を「ゲゲゲの鬼太郎」などで知られる水木しげるさんが描いた“水”にまつわる妖怪たちで演出する「水木しげる×すみだ水族館 水の妖怪トンネル」が15日から開催される。9月10日まで。

【写真特集】背筋が凍る?幻想的な“クラゲトンネル”が夏季限定で“お化け屋敷”に!

 長さ約50メートルのスロープの壁と天井に約5000枚の鏡を張りつめた「クラゲ万華鏡トンネル」に、水木さんが描いた「河童」や「大蛸(だこ)の足」「化け鯨(くじら)」「海月(くらげ)の火の玉」などのおどろおどろしい9種類の水の妖怪たちが映像やイラストで登場。水槽の中では、青白い明かりに照らされながら、まるで火の玉のように揺らぐクラゲたちが遊泳し、“水族館×妖怪”の涼体験が楽しめる。

 そのほか、フラッシュ撮影をすると人物の背後に妖怪が浮かび上がる仕掛けを施した「妖怪フォトスポット」や、施設内の「ペンギンカフェ」では「目玉おやじ」をイメージした特別メニュー「目玉おやじの目玉パフェ」(500円)を提供する。

 同水族館では、夏イベントして、全長約100メートルの金魚展示エリア「江戸リウム」で、約20品種、約1000匹の金魚を鑑賞できる「東京金魚ワンダーランド」も実施している。同企画は8月31日まで。

最終更新:7/14(金) 20:22
まんたんウェブ