ここから本文です

【新日本】鈴木みのる G1壊滅予告「全てを使ってぶち壊す」

7/14(金) 16:36配信

東スポWeb

 新日本プロレス真夏の祭典「G1クライマックス」(17日、札幌で開幕)に向け、3年ぶりの参戦を果たすNEVER無差別級王者の鈴木みのる(49)が性悪王らしく祭典壊滅を予告した。

 みのるはIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(29)、US王者ケニー・オメガ(33)とともにBブロックにエントリー。「人数合わせも出てるからね。例えば小島とか永田とか。(シリーズで)第1試合に出てて俺たちに触れもできないヤツが、何で出れるんだよ。一番を決める大会だとも思ってない。そこにカネがあって、満たされるものがあればそれでいい」と毒づいた。

 今年1月に新日プロに再上陸を果たし、4月にはNEVER王座を奪取するなど、着々と侵攻を進めているようにも見えるが、みのるは「NEVERもそうだし、IWGPもG1も、俺の思ったペースで進まないというのが一番。フラストレーションはいろいろたまってる」と現状に満足していない。

「どいつもこいつもヨソの国に行ったことないじゃん。新日本のレスラーもファンもマスコミも、自分たちが正しいと思ってる。俺を取り込もうとするんじゃねえ。これは警告でもあるし、主張でもある。この先に向けて動きだしてるのは事実だな…」と不敵に言い放った。

 初戦(20日、後楽園)ではいきなりバレットクラブのリーダー・ケニーとの王者対決が実現して注目を集めるが「米国の片田舎のクソヤローがメジャー面して俺の前に立つんじゃねえ」と切り捨てる。「全てを使ってぶち壊してやるよ。兵隊集めればいいんだろ?」と予告。3年ぶりに帰ってきた王が、真夏の祭典の破壊をもくろむ。

最終更新:7/14(金) 17:11
東スポWeb