ここから本文です

米テスラ、新型EV モデル3 納車開始に備え、アフターサービスを大幅拡充

7/14(金) 19:00配信

レスポンス

米テスラモーターズは、新型EVセダン『モデル3』の納車開始に備え、アフターサービスのキャパシティを3倍にする計画を発表した。

[関連写真]

テスラ車は常時インターネットに接続しているため、問題の90%は遠隔で特定、診断が可能。同社では現在も、従来の自動車アフターサービスにおける無駄を省き、素早く信頼性の高いサービスを提供している。

今回の計画では、現在世界に150以上あるサービスセンターに加え、新たにサービスセンターを100拠点増やす予定。拡張エリアはモデル3の予約状況を見ながら進めていく。新サービスセンターには従来より多くのリペアレーン(最大40)を用意し、リフトアップすることなく、整備士が素早く修理できる環境を構築。これにより従来の3分の1のスペースで作業は4倍のスピードで行うことができ、より多くのユーザーへの対応が可能となる。

また出張修理に活用するモバイルサービスバンも今年だけで350台追加する予定だ。モバイルサービスバンでは、簡単な問題から比較的複雑な問題まで対応でき、修理費用はサービスセンターと同じ。製品保証対象の無償修理にも対応する。これにより来店が不要となり、サービスセンターで対応案件を80%削減できるという。

テスラでは、今回のアフターサービス拡充のため、今年だけで1400人の整備士を新たに雇用。これらの取り組みにより、より多くの車をより早く修理し、テスラ車の増加に備えるとともに、より良いアフターサービスを提供していく。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7/14(金) 19:00
レスポンス