ここから本文です

ボルボ90シリーズ、一部仕様変更…衝突回避支援機能を充実

7/14(金) 19:15配信

レスポンス

ボルボ・カー・ジャパンは、『90シリーズ』の一部仕様を変更し、7月14日より販売を開始する。

[関連写真]

今回の一部仕様変更では、90シリーズ全モデルに標準装備する先進安全・運転支援機能「インテリセーフ」に2つの新機能、「オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)」と「ステアリングアシスト付BLIS(後車衝突回避支援機能付)」を追加した。

いずれも自動ステアリングで車線逸脱を制御し、衝突回避を支援する機能で、60-140km/hの速度域で作動する。オンカミング・レーン・ミティゲーションは対向車接近時に走行車線からの意図しないはみ出しを検知した場合に作動。ステアリングアシスト付BLISは、死角や斜め後方から急接近する後続車に気づかず車線から逸脱した場合に機能する。

V90は「モメンタム」「R-デザイン」「インスクリプション」の3グレードを設定。パワートレーンはすべて2.0リットル4気筒で、直噴ターボ「T5」、スーパーチャージャー付き直噴ターボ「T6」、そしてプラグインハイブリットモデル「T8ツインエンジン」の3種類を用意する。T8ツインエンジンはスーパーチャージャー付き直噴ターボと240Nmを発揮する電気モーターをリアに配置。「ハイブリッドモード」をはじめ、電動モーターだけで駆動する「ピュアモード」、2つのパワーソースを最大限に活用する「パワーモード」などが選択でき、8速ATとの組み合わせで、高い環境性能と卓越した走行性能を実現している。

またエクステリアカラーには「デニムブルーメタリック」と「パイングレーメタリック」を追加、インテリアカラーには新色「マルーンブラウン」を、本革とパーフォレーテッド・ファインナッパレザーに追加した。

価格はT5モメンタムが669万円、T6 AWD R-デザインが779万円、T6 AWDインスクリプションが809万円、T8ツインエンジンAWDインスクリプションが929万円。

クロスオーバーモデルのV90クロスカントリーは「T5」「T6」、2種類の2リットル4気筒エンジンを用意。いずれも電子制御式AWDシステムを組み合わせ、「モメンタム」「サマム」の2グレードを設定している。エクステリアカラーには「デニムブルーメタリック」と「パイングレーメタリック」を追加、インテリアカラーに は新色「マルーンブラウン」を、パーフォレーテッド・ファインナッパレザーに追加した。

価格はT5 AWD モメンタムが699万円、T5 AWDサマムが759万円、T6 AWDモメンタムが769万円、T6 AWDサマムが829万円。

7シーターフラッグシップSUVのXC90は、装備・仕様の違いにより「モメンタム」「R-デザイン」「インスクリプション」、そして独立した2座の後席シートを装備する最高級の4人乗りモデル「エクセレンス」の4グレードを設定する。パワートレーンはV90同様、プラグインハイブリッド「T8ツインエンジン」を含む3種類を用意。エクステリアカラーには「デニムブルーメタリック」「パイングレーメタリック」「メープルブラウンメタリック」を追加。インテリアカラーには新色「マルーンブラウン」を、本革とパーフォレーテッド・ファインナッパレザーに追加した。

価格はT5 AWDモメンタムが779万円、T6 AWD R-デザインが889万円、T6 AWDインスクリプションが919万円、T8ツインエンジンAWDインスクリプションが1049万円、T8ツインエンジンAWDエクセレンスが1299万円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7/14(金) 19:15
レスポンス