ここから本文です

博多祇園山笠、ライバルも仲間も「あうんの呼吸」 集団山見せ、観客を魅了

7/14(金) 7:55配信

産経新聞

 博多祇園山笠の「集団山見せ」が13日、福岡市であった。麻生太郎副総理兼財務相と、弟で九州経済連合会会長の麻生泰氏、ライバル銀行の関係者らが「台上がり」を務め、見物客の歓声を浴びた。

 今年の一番山笠・中洲流は、麻生太郎氏と高島宗一郎福岡市長が台上がりした。両者は関係が深い。さらに、「棒さばき役」として井上貴博衆院議員(福岡1区)が真ん中に。井上氏は、麻生氏を会長に発足した自民党の新派閥「志公会」の一員でもある。

 3人は大きく腕を上げ、息の合った指揮で、舁(か)き手を鼓舞した。舁き山はみるみるスピードアップした。

 麻生氏の弟、泰氏は三番山笠・千代流の台上がりを務めた。

 二番山笠・西流では、西日本シティ銀行の谷川浩道頭取と、福岡銀行の荒木英二専務が台上がりした。金融業界でしのぎを削るライバル同士も、祭事とあって“休戦”し、あうんの呼吸を見せた。福岡銀行の柴戸隆成頭取の台上がりを期待する声もあったが、「東京に出張」(同銀行関係者)で実現しなかった。

最終更新:7/14(金) 7:55
産経新聞