ここから本文です

不倫騒動中の2人が…船越英一郎×南果歩、「ごごナマ」で“ぶっちゃけトーク”

7/14(金) 7:00配信

サンケイスポーツ

 タレント、松居一代(60)との泥沼離婚騒動の渦中にある俳優、船越英一郎(56)が13日、MCを務めるNHKの生情報番組「ごごナマ」(月~金曜後1・05)で、女優、南果歩(53)と“ぶっちゃけトーク”を展開。夫で俳優、渡辺謙(57)の不倫騒動で揺れる南を相手に、船越は松居と前夫の間に生まれた長男(27)を育ててきた日々を振り返った。松居は放送中、2人のトークにブログで即座に反応した。

 妻がブログや動画などで思いのたけを発信する中、静観している夫は意味深トークを繰り広げた。

 この日の「ごごナマ」には、9日にスタートしたNHK BSプレミアムのドラマ「定年女子」(日曜後10・0)に主演した南がゲスト出演。実力派女優も3月末に夫の不倫が報じられたばかりで、船越自身も松居から友人女性との不倫(船越側は否定)を指摘されているとあって、2人のトークに注目が集まった。

 その中で、南は前夫のミュージシャンで作家、辻仁成(57)との間に誕生した長男(21)が現在、米国の美術系大学に留学中であることに言及。「一番好きなことを仕事にしてくれれば」と語ると、船越も松居の前夫との間に生まれた長男を育てたことをしみじみ振り返った。

 「僕もね。『生きるために、生きるなよ。夢のために生きろ、そういう人生を歩め』ってすごい言ってきた」と断言。南から「格好いい!」とほめられ、うれしそうな笑みを浮かべた。松居の長男は現在、IT関連企業に勤務。船越と松居が結婚したときは小学6年で、当時から船越を慕っていた。

 船越は長男が就職活動を始めた際、職探しを手伝うなどしたことから、絆は松居以上に深いとされる。さらに、南が「子育ての時間は大変だったけど、一番幸せだった」と振り返ると、船越も「子育ての時間がね」と感慨深げに語った。

 一方、松居は「ごごナマ」放送中の午後2時半過ぎにブログを更新。「今日のNHK様の生放送…楽しみにしていたんですよ。だって、ゲストが南果歩さん。いろいろと…葛藤があったでしょうから」とつづり、「(結婚の)一寸先は闇 私も…泣いてばかりでした」と恨み節を並べる一方、「私は、勝ちますよ」と船越に宣言した。

 またこの日午後8時すぎ、新たな動画を投稿。船越が2011年から別居を始める引き金になったのが、女性脚本家から船越に送った手紙だと主張した。