ここから本文です

<警視庁>横田基地に飛しょう弾、発射容疑で活動家逮捕

7/14(金) 11:52配信

毎日新聞

 2013年に米軍横田基地(東京都)に飛しょう弾が発射されたゲリラ事件で、警視庁公安部は14日、過激派「革労協反主流派」の活動家、沼田豊綱容疑者(65)を爆発物取締罰則違反容疑で逮捕した。公安部によると、同派は1999年以降、都内などで25件のゲリラ事件を起こしたとされるが、容疑者の逮捕は初めて。

 逮捕容疑は13年11月28日夜、製造した飛しょう弾を立川市内から米軍横田基地に向けて発射したとしている。公安部は昨年2月に同派の非公然拠点3カ所を家宅捜索。押収した発射装置の設計図が、現場で見つかったものと一致したという。

 事件では飛しょう弾2発が発射され、1発が基地内に着弾。同派が事件後に犯行声明を出しており、他に関わった活動家がいるとみて調べている。

 革労協は現在もゲリラ事件を繰り返しているとされる。【堀智行】

最終更新:7/14(金) 11:58
毎日新聞