ここから本文です

【高校野球茨城大会】水戸桜ノ牧常北3年・武藤永樹外野手 “初心者軍団”意地の無失策

7/14(金) 7:55配信

産経新聞

 0-9の六回、2死二塁から相手打者の放った打球が左翼を守る自分の前に落ちた。素早く捕球し、内野手に返球したが、二走が生還。最後の夏はコールド負けで幕を閉じた。

 この日のスタメン5人は高校から野球を始めた。その一員だった背番号7は「うまくできる気がせず、野球が怖かった」と入部当初を振り返る。それでもボールの握り方やバットの振り方から教わり、練習を重ねた。「練習で初めてフライを捕れたときのうれしさは忘れられない」と野球にのめり込んでいった。

 「やってきたことを出し切る」と臨んだ夏の大会。二回には左中間への打球をランニングキャッチし、スタンドを沸かせた。“初心者軍団”は最後の試合を無失策で飾り、冨田和雄監督は「努力を重ねることの大切さを改めて教えられた」と目を細めた。

 試合後に「とにかく必死でボールを追いかけてほしい」と後輩にエールを送る姿には、堂々たる高校球児の風格が備わっていた。(丸山将)

最終更新:7/14(金) 7:55
産経新聞