ここから本文です

【函館記念】ミラノ騎乗の丹内、外枠なら逃げにこだわらず

7/14(金) 6:01配信

スポニチアネックス

 ターフライター・平松さとし氏がレースのキーマンに迫る「The Keyman」は、函館記念でマイネルミラノに騎乗する丹内騎手を直撃した。

 ――マイネルミラノの前走(エプソムC7着)は490キロ。少し余裕が?

 丹内騎手 乗った感じは決してそんなふうには思いませんでした。

 ――終始インの経済コースを追走。

 内ラチ沿いギリギリのところで折り合いもついて良い手応えで追走してくれました。

 ――ただ逃げているのが同馬主の馬ということで仕掛けどころが難しかった?

 正直やりづらい部分もあったけど、上々の競馬をしてくれたと思います。

 ――最終追い切りにもまたがりました。

 この馬の良い時は追い切りでも直線に向いてからの反応が良いのですが、最終追い切りはまさに期待通りの反応。

 ――ハンデは昨年より2キロ増の58キロ。

 他の馬との差がかなりある点が唯一心配ですね。

 ――作戦としては逃げにこだわりますか?

 一番内に入れば逃げるつもりですけど、外になったら無理しなくても良いかと考えています。

 ――函館はご自身にとっても生まれ故郷。連覇したいですね?

 家族や友達もたくさんいるので、良い騎乗をして結果を出したいです!

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ