ここから本文です

【女子ハーフパイプ】小野塚彩那が夏トレ公開「平昌では一番、目立てればいい」

7/14(金) 19:12配信

東スポWeb

 フリースタイルスキー・ハーフパイプ女子の小野塚彩那(29=石打丸山ク)が14日、新潟・南魚沼市トレーニングセンターで練習を公開した。

 個人契約する君島保裕トレーナー(46)の指導の下、体幹やバランス感覚を鍛えた小野塚は「雪上を下りてまだ1か月ぐらいしかたっていない。順調だと思います」と納得の表情。米調査会社の予想でフィギュアスケート男子の羽生結弦(22=ANA)、ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(20=クラレ)と並んで平昌五輪の金メダル候補に挙げられたことに「忘れられてなかったのはうれしいこと。平昌では一番、目立てればいい」と主役奪取を誓った。

 同トレーニングセンターは小野塚の直談判をきっかけに、市の協力で総工費2650万円をかけて改修した。

「逃げ道のないトレーニング施設ができてしまった。本当に有効活用させてもらって、トレーニングしていきたい」

 小野塚は地元への恩返しを胸に、猛暑の中、体をいじめている。

最終更新:7/14(金) 19:12
東スポWeb