ここから本文です

【巨人】斎藤雅樹の眼・最終回「初勝利の大江、秋に1軍チャンスある」

7/14(金) 10:03配信

スポーツ報知

 この1週間は2勝3敗でした。目立った活躍は11日のイースタン・日本ハム戦(G球場)で公式戦初勝利を挙げた大江です。6回3安打無失点の好投でした。173センチと小柄ですが球にキレがあって最速は145キロ。打者もバットに当たらないところを見ると、タイミングが取りづらいのだと思います。制球もテンポもよかったですし、ストライク先行で打者が後手を踏んでる感じでした。高卒の投手なので、この夏を越えて体力がついて順調に成長すれば秋口に1軍のチャンスも出てくるのではと思います。

 前半戦は42勝32敗3分けでした。総括をすると先発陣は安定した結果が出ていましたが、救援陣が打ち込まれるケースが目立ちました。打線はチーム打率が2割5分ですが、そこに達していない選手が多いので地力をつけてもらいたいです。ベテランの堂上にしても若手の岡本にしても実力はこんなもんじゃない。堂上は1軍の代打の切り札になりえる存在。2軍で2割4分くらいではもの足りないですし、岡本ももっと奮起してもらわないといけません。

 最後に、13日に発表がありました通り後半戦から私は1軍投手コーチとして高橋監督を支えていくこととなりました。これまでスポーツ報知読者の皆さまには『斎藤の眼』を愛読いただき、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。=おわり=

最終更新:7/14(金) 10:03
スポーツ報知