ここから本文です

さいたま市議ら刑事告発 県警、聴き取りなど捜査着手

7/14(金) 7:55配信

産経新聞

 沢田力氏が政務活動費を不正受給した問題で、さいたま市の川村準市議らは13日、詐欺などの罪で沢田氏を浦和署に告発した。市民団体「狭山市民オンブズマン」なども同日、さいたま地検宛に告発状を送った。関係者によると、県警は既にPR会社と印刷会社に事情を聴いており、告発を受理した場合、捜査を本格化するとみられる。

 川村市議は同日午後、浦和署に告発状を提出し、県庁で会見。「(政活費は)返金されたが、刑事的制裁もしっかり受けていただかないと、県政、市政、日本全国の政治の信頼に繋がらない」と語った。

 また、狭山市民オンブズマンなどの告発状によると、沢田氏が偽造を認めたPR会社の領収書以外にも「印刷会社の領収書も偽造されたと思料される」と指摘。返還された約545万円以上の政活費がだまし取られた疑いがあるとしている。

最終更新:7/14(金) 7:55
産経新聞