ここから本文です

<遠賀信金>世界遺産応援へ低金利で融資

7/14(金) 19:09配信

毎日新聞

 遠賀信用金庫(福岡県岡垣町)は14日、宗像・沖ノ島と関連遺産群の世界文化遺産登録決定を受け、地元の企業などを対象に、世界遺産に関する設備資金や運転資金を低金利で融資する制度を始めると発表した。

 取り扱いは今月18日から来年3月30日まで。福岡県宗像市や福津市など同信金の営業エリアにある企業や個人事業主が対象となる。融資額は100万円以上3000万円以下で、金利は同信金の基準金利から最大で1.0%優遇する。

 今回の登録で、宗像市などを訪れる観光客の増加が予想されることから、観光や小売り、運輸、食品など幅広い業種で新たな資金需要が生まれると見込まれる。同信金は「地元企業の需要にスピーディーに対応したい」としている。【神崎修一】

最終更新:7/14(金) 19:09
毎日新聞