ここから本文です

大正末期から昭和初期における日本文芸史の一端描く、トーチ新連載

7/14(金) 16:24配信

コミックナタリー

永美太郎の新連載「エコール・ド・プラトーン」が、トーチwebにてスタートした。

「エコール・ド・プラトーン」の舞台は大正時代の大阪。出版社・プラトン社が立ち上げる文芸誌・苦楽の編集部に集った、川口松太郎や後に直木三十五を名乗る直木三十三を通し、大正末期から昭和初頭における日本文芸史の一端を描いていく。現在プロローグと第1話が公開されており、第1話は関東大震災により何もかもを失ってしまった川口が大阪を訪れる場面から始まる。

【写真】「エコール・ド・プラトーン」プロローグより。(他5枚)