ここから本文です

テリー伊藤氏、動画で告白を続ける松居一代へ「この先、自己破滅しかない」

7/14(金) 9:16配信

スポーツ報知

 14日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)で俳優の船越英一郎(56)と泥沼の離婚劇を展開している女優の松居一代(60)の執念の歴史を特集した。

 動画、ブログを駆使して徹底して船越を非難している松居。番組では、松居が1998年に「新潮45」に寄せた「黙って死ねるか!」と題した手記などを紹介し、松居の執念の原点を追跡した。コメンテーターのテリー伊藤氏(67)は、松居が96年の前夫との離婚がトラウマになっていると理解を示した上で「自分の考えていることは正しい。自分以外の考え方は間違っている」という立ち位置に松居がいる印象を明かし、恋愛や結婚生活において「相手の力を引き出すっていう能力はない。自分の気持ちを押しつけたり、与えようとするんだけど、それだけじゃないじゃないですか、自分の考えが理解できないとなると、恨みになっていく。そこが普通の考え方と違う」と述べた。

 前夫のとの離婚原因は、前夫の浮気とされ「浮気されていなかったら、こんな行動を起こすことはなかったと思う」と繰り返し、動画で告白を続けている状況から今後の松居について「この先、何があるかというと、自己破滅しかない」と心配していた。

最終更新:7/14(金) 22:12
スポーツ報知