ここから本文です

浜松・鍛冶町にガレット専門店 フランス料理店で20年修業したシェフが出店 /静岡

7/14(金) 21:41配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 浜松・鍛冶町に6月25日、ガレット専門店「Petit ami Cafe(プティアミカフェ)」(浜松市中区鍛冶町、 TEL 053-452-3330)がオープンした。(浜松経済新聞)

フレンチ惣菜が並ぶ店頭ショーケース

 東京や浜松のフランス料理店で約20年修業したという杉浦哲也さんが店主を務める同店。

 もともとクレープやガレットが好きだったという杉浦さんは4年前、旅行先のフランスでガレット専門店に立ち寄り、本場の味に感動。自分もガレット専門店を開業しようと思いはじめた。フランス料理をはじめたころから自分の店を持つことが夢だった杉浦さん。ガレット専門ながらも、今までの経験を生かしたフレンチ総菜を扱うカジュアルなカフェとして店を構え、オープンにこぎ着けた。

 店舗面積は20坪。テーブル20席、カウンター5席の計25席。カラフルでな壁紙やほのかな明かりを落とした半個室やカジュアルなカフェスタイルのテーブル席、パソコンを使いながらゆったりと通りを眺められる窓際のカウンター席など、さまざまな用途で使えるように工夫をこらす。モノトーンの幾何学柄の床材や、赤や動物柄の壁紙など個性的で感性を刺激するデザイン。化粧室にはオムツ替えができるスペースを用意し、入り口はバリアフリーにすることで子連れの客でも気軽に来店できるように配慮。「子連れでゆっくりできるカフェが街中には少ない。自分にも子どもがいるので、母親の気持ちを考えて店内を設計した」と杉浦さん。

 メニューは、ほうれん草のソテーとベーコン・ポーチドエッグのガレット「コンプレットエピナール」や、自家製スモークサーモン・卵・チーズのガレット「コンプレットサーモン」などのガレットメニュー8種類(各1,000円)とクレープメニュー6種類(各600円)を取りそろえる。ガレットメニューは卵・ハム・チーズのシンプルな「コンプレット」を基本に、それぞれ卵の調理法やトッピングをアレンジして提供する。そば粉が苦手な人向けに「ワンプレートフレンチ惣菜(そうざい)セット」(1,520円)も用意。フレンチ総菜では、杉浦さんが自信をもって提供する「自家製スモークサーモン」や「キッシュロレーヌ」、「豚肉のリエット」、「エスカベッシュ」などを用意し、人数や予算、好みに合わせてショーケースから盛りつけ提供。今後は量り売りのテークアウトも予定しているという。

 ドリンクにはブルターニュ地方の郷土酒でリンゴの微発泡酒「シードル」(250ミリリットル=900円、750ミリリットル=2,400円)を用意。ほかにも夜は、料理に合うようにと「リースリング・アルザス・グラン・クリュ フランシュタイン」(6,800円)やデラウェアを100パーセント使った「デラウェア」(2,100円)のような白ワインをメインに約20種類を用意。2~3人で来店すれば、ソフトドリンクと同じ価格帯で楽しむことのできるボトルワインを多く取りそろえる。

 杉浦さんは「フランス料理と聞くと敷居の高さを感じてしまう人も多いと思うが、カジュアルなカフェでガレットとワインを楽しめる店として、いろいろな用途で使っていただきたい。フランス料理の入り口として気軽に来ていただけたら」と話す。

 営業時間は11時~17時。18時~23時。

みんなの経済新聞ネットワーク