ここから本文です

<大相撲名古屋場所>白鵬と碧山6連勝 宇良ら5人が1敗

7/14(金) 20:07配信

毎日新聞

 大相撲名古屋場所6日目の14日、白鵬は初顔の北勝富士をいなしで崩し、平幕の碧山とともに6連勝した。栃ノ心を何とか退けた高安、平幕の宇良ら5人が1敗で追う。日馬富士は速い攻めで3日目から4連勝。豪栄道は玉鷲に土俵際で逆転負けし3敗目を喫した。稀勢の里と左膝を痛めた照ノ富士が休場。これで、4横綱3大関のうち、2横綱1大関が不在となった。

 ○碧山 (平幕唯一の6連勝)苦手に勝ったのは大きい。連勝は考えないようにしている。(東京にいる)妻とは毎日1時間近く電話で話している。

 ●北勝富士 (白鵬と初対戦で)次元が違う人とやるということで怖かった。肩に力が入っていたのを見抜かれた。

 ●貴景勝 (宇良に初めて敗れ)いつもと目つきが違ったので何かあるだろうなと思っていたが、足が滑った。

 ●勢 (日馬富士に一気に押し出され)当たってないですね。ちょっと、びびってしまった。

 ●嘉風 今日できることは全部やりました。負けたのはしょうがない。

最終更新:7/14(金) 20:14
毎日新聞