ここから本文です

秀岳館、「熊本で一番良い投手」に苦しむも初戦突破

7/14(金) 18:29配信

朝日新聞デジタル

(14日、高校野球熊本大会 秀岳館4―2千原台)

 今春の選抜まで、甲子園で3季連続4強入りの秀岳館が熊本大会2回戦を突破した。「熊本で一番良い投手」と鍛治舎監督が評する千原台・住野の140キロ超の直球とスライダーに苦しんだが、1―1の五回に1番竹輪の左前適時打などで一挙3得点。川端、田浦の左腕リレーで逃げ切った。

【写真】熊本大会 千原台―秀岳館 六回途中から無失点の好救援を見せた秀岳館の田浦=藤崎台

 春までの2番から1番に昇格した竹輪は「ストライクは全部打とうと思って打席に入っているのが、結果につながった」。目標の全国制覇に向け、主将の広部は「初戦で引き締まった試合ができて、次につながると思う」。=藤崎台

朝日新聞社