ここから本文です

AROMA、12BA搭載「堯(Yao)」など新イヤフォン3機種をポタフェス展示。試聴も

7/14(金) 14:10配信

Impress Watch

 トップウイングサイバーサウンドグループは、7月15日(土)、16日(日)の2日間、東京・秋葉原で開催される「ポタフェス2017」にて、香港AROMAの新しいイヤフォンシリーズのプロトタイプを出展する。ハイブリッドイヤフォン「初(Early)」と、バランスドアーマチュア(BA)ユニット7基の「雙(Twins)」、BA12基の「堯(Yao)」の3製品。発売時期と価格はすべて未定。

【この記事に関する別の画像を見る】

 メタルプレートを筐体に採用した新シリーズ。本国以外では初の展示で、最終量産バージョンではないが試聴もできる。

 「初(Early)」のユニット構成は、低域用の8mm径ダイナミック×1とBA×1の2ドライバを搭載。感度は112dB/mW。インピーダンスは14Ω。周波数特性は20Hz~20kHz。

 「雙(Twins)」は低域×1、中域×2、高域×2、超高域×2のBA×7ドライバ。感度は118dB/mW。インピーダンスは22Ω。周波数特性は20Hz~20kHz。

 「堯(Yao)」は低域×4、中域×4、高域×2、超高域×2のBA×12ドライバ。感度118dB/mW、インピーダンス16Ω。周波数特性20Hz~20kHz。

 このほか、既発売のポータブルアナログヘッドフォンアンプ「A10」と組み合わせる専用強化電源ユニットの展示・試聴も行なう。現在開発中で、仕様は明かされておらず、発売時期・価格は未定。

AV Watch,庄司亮一

最終更新:7/14(金) 15:52
Impress Watch