ここから本文です

秋まで待てない! 夏ヌーボー=豪州ワイン「解禁」

7/14(金) 17:00配信

時事通信

 南半球産ワインのヌーボー(新酒)が少しずつ身近になりつつある。15日にはワイン専門店のヴィノスやまざき(静岡市)が、オーストラリア産ヌーボーを初めて市場に本格投入。高級スーパーの成城石井(横浜市)も、チリと南アフリカ産ヌーボーを相次いで「解禁」する。

 南半球のブドウの収穫は例年2~4月で、北半球とは真逆。11月解禁のフランス産ボージョレ・ヌーボーが浸透している日本で、取れたてのブドウを使った「夏の新酒」として、ワイン需要を盛り上げたい考えだ。

 ヴィノスやまざきは豪州のワイナリーと組み、微発泡でアルコール度数が低い「リッチランド・ヌーボー・モスカート」など白ワイン2種(各1706円)を販売。担当者は「新たなワインブームを作りたい」と意気込む。

 成城石井は15日にチリ産の白、21日に南ア産の白(各1394円)などを投入予定。「南半球ヌーボーの認知度は徐々に高まっている」と手応えを感じている。ワイン専門店のエノテカ(東京)はニュージーランド産、ローソンも「ナチュラルローソン」で南ア産を販売中だ。 

最終更新:7/14(金) 19:27
時事通信