ここから本文です

「薔薇王の葬列」本日発売の8巻で第2部が開幕、新作スマホケースも

7/14(金) 18:32配信

コミックナタリー

菅野文「薔薇王の葬列」8巻が、本日7月14日に発売された。

月刊プリンセス(秋田書店)にて連載されている「薔薇王の葬列」は、ウィリアム・シェイクスピアの史劇「リチャード三世」を原案に描かれるダークファンタジー。ヨーク家とランカスター家が王位争奪を繰り返した薔薇戦争を軸に、男でも女でもない体に生まれたリチャードの数奇な運命が描かれている。8巻からは第2部が開幕。王の死から10年後、リチャードを取り巻く環境が大きく変わり、かつてアンの侍女だったジェーンが“魔女”と呼ばれ台頭し始めていた。

【写真】「『薔薇王の葬列』スマートフォンケース【アンver.】」(他8枚)

アニメイト、文教堂、書泉・芳林堂書店 、喜久屋書店では単行本の購入者に特典としてメッセージペーパーを用意。Renta!、コミックシーモアで電子版を購入すると、電子版メッセージペーパーが付与される。また本日から8月15日まで、書泉ブックタワー、書泉グランデ、芳林堂書店高田馬場店、芳林堂書店コミックプラザでは複製原画の展示も行われている。

さらに秋田書店オンラインストアでは、「薔薇王の葬列」スマートフォンケースの新作として、8巻の表紙に描かれたアンバージョンの販売を開始した。