ここから本文です

履正社コールド発進、鹿児島8強決定 高校野球地方大会

7/14(金) 18:37配信

朝日新聞デジタル

 第99回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)の地方大会は14日、宮城、三重、石川、岡山で開幕し、27大会で195試合があった。選抜で準優勝し、3季連続を狙う履正社(大阪)がコールド勝ちの好発進。選抜4強で4季連続がかかる秀岳館(熊本)も初戦を突破した。同8強の東海大福岡は4回戦へ。東海大市原望洋(千葉)、神戸国際大付も好発進した。

 昨夏の代表校では8強の木更津総合(千葉)や市和歌山も勝ち進んだ。

 東東京では3年連続がかかる関東一や甲子園優勝経験のある帝京が4回戦へ。鹿児島では8強が出そろい、昨夏代表の樟南や3年ぶりの夏の甲子園を狙う鹿屋中央が勝ち上がった。

 15日は富山、福井、鳥取、島根、山口、高知で熱戦が始まる。

朝日新聞社