ここから本文です

パチンコ店強盗、男性被告に無罪判決 大阪地裁

7/14(金) 19:31配信

朝日新聞デジタル

 大阪府八尾市のパチンコ店で2012年3月、かばんを奪おうとして従業員にけがを負わせたとして、強盗致傷の罪で起訴された同府羽曳野市の男性被告(37)の裁判員裁判の判決が14日、大阪地裁であった。伊藤寿裁判長は、無罪を言い渡した。

 警察は現場から逃走した車のナンバーの目撃情報から昨年10月、男性を逮捕したが、捜査段階から否認していた。

 ナンバーの目撃者とされた証人が公判で当時の状況を「全く覚えていない」と証言しており、判決は「男性以外が犯人の可能性が十分ある」と述べた。検察側が防犯カメラに映った犯人と男性の特徴が一致しているとした点も、「見た目の雰囲気が似ているという程度」と判断した。

朝日新聞社