ここから本文です

<ヒアリ>横浜港で500匹以上を確認

7/14(金) 21:22配信

毎日新聞

 環境省は14日、横浜港本牧ふ頭(横浜市中区)で、外来種のヒアリ500匹以上を確認したと発表した。これまで発見された群れでは最大。幼虫がいるので繁殖している可能性が高く、女王アリもいるとみられるが見つかっていない。国内の発見は5都府県で計7カ所目。

【画像】ヒアリの女王アリとみられる死骸=環境省提供

 同省によると、コンテナ置き場のアスファルトの割れ目に▽働きアリ500匹以上▽羽が生えた雄約10匹▽さなぎ100個以上▽幼虫100匹以上--がいた。殺虫剤で駆除し、他にもいないか警戒する。

 一方、東京港青海ふ頭(東京都江東区)では同日、別の外来種のアカカミアリが1000匹以上見つかった。同じく、コンテナ置き場のアスファルトの割れ目にいた。有毒だがヒアリより毒性は低いという。【五十嵐和大】

最終更新:7/14(金) 22:58
毎日新聞