ここから本文です

松居一代、89歳のおばあちゃんからパンツをプレゼントされていた「涙がこぼれて…泣けて」

7/14(金) 13:59配信

スポーツ報知

 俳優の船越英一郎(56)と泥沼の離婚劇を展開している女優の松居一代(60)が14日午後1時45分に「愛の詰まったパンツ」と題しブログを更新した。

 「人の温かみは骨身にしみますね」と切り出した松居は、一時期潜伏していた89歳の知人女性を「私を、かくまってくれた勇気ある、89才のおばあちゃん本当に、優しい人でした」と感謝し「別れるときにあたしに……下着のパンツをくれたんですよ」とパンツをプレゼントしてくれた秘話を公開した。

 「おばあちゃんは、89才どこで、倒れてもいいように新しいパンツをいつも…用意してあるんですって…その、大切な、新品のパンツをおばあちゃんは私に、くれたんですよ」と実物のパンツの写真をアップした。「確かに…私には、パンツの替えがなかった。あたしが…おばあちゃんにおばあちゃんのお古でいいよって、…言ったら何言ってるの新品を履きなさい…おばあちゃんは、あたしに…新品のパンツと靴下をもたせてくれたんです」と贈られたときの状況を振り返り「一緒に…大きな愛もいただきました」と感謝した。

 「涙がこぼれて…泣けて…しばらくあたしは、言葉が出なかった」とおばあちゃんの優しさに感動したことをブログで明かしていた。

最終更新:7/14(金) 22:11
スポーツ報知