ここから本文です

ドルト監督、元同僚・阿部に注目 ただ「残念ながら…」

7/14(金) 20:16配信

朝日新聞デジタル

 サッカーの明治安田生命ワールドチャレンジ・浦和―ドルトムント戦の前日会見が14日、埼玉スタジアムであり、今季から指揮を執るドルトムントのボス監督は「浦和は休暇明けではなく、シーズンの真っ最中。そういうチームとやることで、チームを高めていきたい」と意気込んだ。

 ボス監督は選手時代の1996年から99年にかけて市原(現千葉)に所属。対戦相手の浦和MF阿部勇樹とはチームメートだった。ボス監督は「非常にいい選手だった。若いけれども大人になっているところもあると思った」と振り返る。阿部も「いろいろ教えていただいた監督と試合ができるので楽しみ。ピッチの中と外、オンとオフ、表情がすごい変わる選手。今の自分を考えると影響は間違いなくある」と懐かしんだ。

 会見では、浦和の若手でドルトムントが欲しいと思う選手、注目する選手はいるかという質問があった。ボス監督は「チームを作り上げる仕事が第一なので、自分のチームに注目することになる。でも、注目は阿部」と昔のチームメートをいったんは持ち上げながらも「残念ながらもう若くないです」と笑いを誘った。(河野正樹)

朝日新聞社