ここから本文です

「イケメン戦国」マンガ版1巻、梶山ミカのサイン会や描き下ろしグッズも

7/14(金) 20:44配信

コミックナタリー

梶山ミカによる単行本「イケメン戦国~天下人の女になる気はないか~」1巻が、本日7月14日に発売された。本作はCYBIRDによる恋愛ゲームアプリ「イケメン戦国◆時をかける恋」をコミカライズしたもので、月刊プリンセス(秋田書店)で連載中。

【写真】梶山ミカサイン会の告知。(他9枚)

「イケメン戦国~天下人の女になる気はないか~」の舞台は20XX年。主人公の水崎舞が京都旅行を楽しんでいると、本能寺の跡地前で突然の雷に見舞われる。舞が目を開けると、そこは燃え盛る本能寺の中だった。目の前にいた織田信長が刺客に襲われているのを助けたことから、彼女の運命は動き出す。なお巻末には舞台「イケメン戦国 THE STAGE~真田幸村編~」のレポートマンガも収録された。

1巻をとらのあな、アニメイト、こみらの!提携書店、書泉・芳林堂書店、TSUTAYAの一部店舗、ヴィレッジヴァンガード下北沢店で購入すると、それぞれ特典が進呈される。また1巻の発売を記念した梶山のサイン会が、7月29日14時よりヴィレッジヴァンガード渋谷本店で開催。ヴィレッジヴァンガード渋谷本店、もしくは下北沢店で1巻を購入した人に整理券が配布される。

さらに秋田書店オンラインストアには、梶山の描き下ろしイラストを使用した缶バッジが登場。6キャラずつがラインナップされたAセットとBセットが販売される。価格は各3240円。なお「イケメン戦国」のアニメ版「イケメン戦国◆時をかけるが恋ははじまらない」はTOKYO MX、サンテレビにて放送中。